2018年07月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加
単純にネットワークアダプタの設定を変更するために、コントロールパネルの画面を表示させようとしました。
いつもであれば、Windows2012などの操作方法で、 デスクトップ右下のパソコンのアイコンを右クリックして、ネットワークと共有センターを開いていました。

Windows2016 になると、操作の一部分は Windows10 と似ています。
PCのアイコンを左クリックして、ネットワーク設定を開くと、Windows10のような画面が出てきます。

Windows10ではこの場合、アダプターのオプションを変更するをクリックすれば、今までのコントロールパネルの画面からネットワーク設定の変更が可能です。
Windows2016 では、以下のようなエラーが出ました。

C:\Windows\system32\control.exe
指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。

英語では以下のメッセージのようです。
C:\Windows\system32\control.exe

Windows cannot access the specified device, path or file. You may not have the appropriate permissions to access the item.


調べてみると、以下の方法で解決した事例があるようです。
Network: Change Adapter Options - Windows cannot access the specified device, path or file...

グループポリシーから、コンピューターの構成\Windows の設定\セキュリティの設定\ローカル ポリシー\セキュリティ オプション
ユーザー アカウント制御: 管理者承認モードですべての管理者を実行する

ただし私の環境ではとくに実害はでていないので、なにもしていません。




stock_value at 16:40│Comments(0)技術 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔