技術

2018年08月29日
HP 1810-48G を初期化する必要がありました。
やり方は以下の通りマニュアルがありました。

HP ProCurve Switch - Reset to factory defaults on ProCurve Switch 1810G series

Youtube動画も
How to reset HP ProCurve 1810G-24 Switch to factory defaults


Reset ボタンをピンで押して、各種LEDが点灯状態になったら、Clearボタンを押すことで初期化が完了します。
その後、 http://192.168.2.10/ にアクセスすることによって、Webの管理画面を開くことができるようになりました。



stock_value at 15:45|この記事のURLComments(0)
2018年08月28日
怪しいメールが来ました。アドレスの存在確認でしょうか?

From: "祐介"
Date: Mon, 27 Aug 2018 22:39:22 +0200
Subject: 重要
----

重要

----


件名が "重要" で、本文も重要としかありません。ただしHTMLメールで、open.php? から引数を与えて画像を表示させるようになっていました。
このことから、アドレスの存在確認でもしているのでしょうか。

メールの送信元は clients.your-server.de のドメインを利用していました。

stock_value at 10:51|この記事のURLComments(0)
2018年08月18日
QNAP の環境で、1台不安定なものがあります。
そもそもQNAPで不安定というのが今までに無いことなので、ちょっと困っています。

症状としては、ランダムな再起動。特定のディスクがアンプラグ=取り外されたという認識になります。
また Out-Of-Memory という、これもまたQNAPでは比較的珍しいエラーが出ていました。
メモリ不足のためにこのようなログが出ているのですが、そもそもファイルサーバーとしてしか機能していないために、メモリが枯渇するようなのも不思議です。

さらに、運用中の負荷がたくさんにかかっている状況ならともかく、子の症状がでたのは、日曜日の夜中でした。
バックアップなどは稼働しているかもしれませんが、せいぜいそれぐらいです。

現状、どのような理由でそうしたエラーがでるのかわかっていません。もう少し様子を見ます。

stock_value at 17:31|この記事のURLComments(0)
2018年08月17日
相性や不運のようなものだと思っています。まだ解決していません。

ある日突然RAIDがデグレードしました。しかもその理由は、Diskが抜かれたというものでした。
フォーマットして、ディスクチェックをしたのですが、WindowsPCからでは問題ありませんでした。

そのため再度QNAPに装着したのですが、症状は変わらず。ほかのQNAPではその症状が出現しなかったため、どういうことなのか不明です。

最初にエラーになったディスクは Seagate でしたが、次は Westan Digital のディスクにしていました。このディスクを接続したとき、今度はバッドセクターがあるということで、エラーになってしまいました。このディスクも新品なのになぜこのような状態になったのか・・。

確かにQNAPの互換性リストには掲載がないディスクではあります。しかし今まで様々なディスクをQNAPに装着していますが、このようなことはありませんでした。
相性の何かかもしれませんが、いったい何が原因かわかりません。


ほかにも dmsg には以下のエラーが。


<6>[ 2395.272563] sd 2:0:0:0: [sdc] tag#22 FAILED Result: hostbyte=DID_OK driverbyte=DRIVER_SENSE
<6>[ 2395.280923] sd 2:0:0:0: [sdc] tag#22 Sense Key : Medium Error [current] [descriptor]
<6>[ 2395.288742] sd 2:0:0:0: [sdc] tag#22 Add. Sense: Unrecovered read error - auto reallocate failed
<6>[ 2395.297542] sd 2:0:0:0: [sdc] tag#22 CDB: Read(16) 88 00 00 00 00 00 07 a0 89 88 00 00 03 18 00 00
<3>[ 2395.306497] blk_update_request: I/O error, dev sdc, sector 127961587

<3>[32261.850234] ata1.00: failed command: READ FPDMA QUEUED
<3>[32261.855368] ata1.00: cmd 60/00:a0:88:a7:71/04:00:af:00:00/40 tag 20 ncq 524288 in
<3>[32261.855368] res 40/00:00:e0:4f:c2/00:00:00:00:00/00 Emask 0x4 (timeout)

<4>[ 534.003232] ata1.00: limiting speed to UDMA/100:PIO4
<3>[ 534.008195] ata1.00: exception Emask 0x0 SAct 0x0 SErr 0x0 action 0x6 frozen
<3>[ 534.015247] ata1.00: failed command: READ DMA EXT
<3>[ 534.019948] ata1.00: cmd 25/00:00:e8:f0:06/00:04:b0:00:00/e0 tag 19 dma 524288 in
<3>[ 534.019948] res 40/00:00:00:4f:c2/00:00:00:00:00/00 Emask 0x4 (timeout)


stock_value at 15:44|この記事のURLComments(0)
2018年08月16日
メインで利用している鉄パンについては、過去の記事でも書いています。
追加して、小さな卵焼き用の鉄パンも買い足しました。

小さな鉄パンはエンボス加工という加工がされており、鉄パンの表面はザラザラしています。

一応売り文句としては、食品と鉄が接する面が小さくなり、くっつきにくくなるというものです。
で、実際には、全然だめです。ノーマルの鉄パンの方がよっぽどくっつかないので、使いやすいのですが、このエンボス加工は余計にくっつくように感じます。

またこれを洗うときにも、溝の部分までしっかり清掃するのは大変です。そのためエンボス加工の鉄パンは利用しない方がいいのでは無いかと思っています。

stock_value at 11:38|この記事のURLComments(0)
2018年08月15日
以前の記事から時間が経過しました。そのため再度アップデートです。
2017年12月10日: DeskNet's NEO バージョンアップ作業をしました。V3.5 R1.4 → V4.0 R1.2

デスクネッツを運用しています。
前回は去年の12月に行ったのですが、今回は8月にまた行いました。止められる期間が少ないのは大変ですね。

今回は4から5へのメジャーバージョンアップだったのですが、正直あまり変化はわかりませんでした・・・
Web会議機能がインパクトが大きいような気がしました。

アップデートの時間は、1時間ぐらいでした。すぐに完了したのでよかったです。

stock_value at 12:45|この記事のURLComments(0)
2018年08月14日
以下の通りメールがきました。

From: "確認Apple.com"
Subject: アップデート:あなたのアカウントは、私たちがあなたの意見を聞くまで
---------------
Apple Store

拝啓、
私たちは、あなたのアカウント情報の一部が誤っていることをお知らせしたいと思います。私たちは、あなたのアカウントを維持するためにお使いのApple ID情報を確認する必要があります。 下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認してください。

マイアカウント確認( https://zst.io/ で作成されたURL )


私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。 Appleチーム

My Apple ID | サポート | プライバシーポリシー
Copyright (c) 2018 Apple Inc. 全著作権所有。
---------------


URLは以下の通りでした。
https://アップルジャパンのログインid.hongkasz.com
https://xn--id-zb4axila5esc1e1f9bvhzd4a6fe.hongkasz.com/ ※英数字にエンコードしたもの

上記URLのIPは 162.214.3.20 で アメリカのサーバーのようです。
このサーバーでは、ほかのフィッシングに思えるURLもホストしているようです。

例えば yokkoy.business や gasbosku.com などでしょうか。※いずれの url も chrome からのアクセスで警告がでます。

なおメールについては、gmail から来ていたので、あまり追いかけることはできません。
差出人の @referer-polwan10.pw ドメインについては、http://www.key-systems.net/ がレジストラでした。DNSは googledomains.com を利用しています。

root.devilscream@gmail.com というメールの記載もあったのですが、不明です。

stock_value at 12:10|この記事のURLComments(0)