健康

2020年09月17日
私はしっかりと噛まずに飲み込むクセがあるのかもしれません。
口内を怪我することは比較的よくあり、正直なところほとんど気にしていませんでした。

しかし最近になって立て続けに2回も魚の骨が喉に刺さってしまいました。
1回目はうなぎでした。美味しくうなぎを食べていたのですが、途中から喉に違和感が。あきらかにそして結構大きめの骨が刺さっているように感じました。
しかし鏡を見ても容易にそれを確認することはできませんでした。

しばらく放置しておけば解決するだろう。そのように楽観的に考えていたのです。しかし1週間かかっても違和感は続きました。
病院に行くか、自力で解決するかを決断し、なんとか最後に努力をしてみようと思いました。これでだめだったら病院に行こうと。

ピンセットを購入し、喉を確認してみました。しかしやはり見つかりません。
闇雲にピンセットをのど奥までもっていくと、一瞬ちらりと確認することができました。

大きな骨だったので、確認できたらあとはなんとかつまんで抜くことができました。
自身の感覚としては、下の付け根奥の部分に刺さっているのだと思いました。しかし場所はいわゆる口蓋扁桃といわれる部分でした。
左右はなんとなくわかったので、その部分を集中的に探したほうがいいようです。

2回めは、最初のうなぎから比較的短期間でした。たぶん2ヶ月ぐらいだったと思います。
こんどはサンマです。ひさびさに焼き魚が食べたいと思ったのです。

慎重に魚を食べていました。前回の件があったので結構注意していたのです。
しかしまた喉に刺さってしまいました。前回と同じような違和感。しかし今回は骨が小さいのか、前回ほどの大きな違和感ではありませんでした。

今回はあまり放置はせずに、翌日には撤去に望みました。
今回も前回と同様に舌の付け根奥荷違和感があると感じていました。しかし結局前回と同じ位置に刺さっていました。

今回は小さかったために前回とは違う大変さがありました。喉をどれだけ大きく開いても決して見つかりませんでした。
そのため今回はスプーンの柄の部分を使ってヘラのようにし、舌が盛り上がらないように押し付けるようにしました。
するとギリギリのところで見つけることができました。

前回と同様にピンセットで骨を抜きました。抜いた直後はまだ若干の違和感がありましたが、しばらくするとそれも消失しました。

魚は相当慎重に食べようと改めて思いました。



stock_value at 18:36|この記事のURLComments(0)
2019年07月23日
2018年 > 2018年08月01日: 健康診断の結果 2018年
2017年 > 2017年06月05日: 健康診断の結果 2017年
2016年 > 2016年06月16日: 健康診断の結果 2016年
2015年 > 2015年07月22日: 健康診断、血液検査


今年の結果です。引き続きどんどん悪い結果になっています
20192018201720162015
身長163.8164.0164.0163.6163.7
体重61.362.360.358.358.1
BMI22.823.122.421.721.6
腹囲83.083.181.079.580.7
血圧H!134/84H!134/H!88H!136/H!96120/72124/H!85
RBC(赤血球数)/420-570462449486494475
Hb(ヘモグロビン)貧血?/13.0-17.014.814.315.515.414.9
AST(GOT)/40以下2828232327
ALT(GPT)/40以下3236272630
γ-GTP/80以下4366423227
LDL/60-119H!133H!147H!128H!135104
HDL/40-1198078928183
TG/30-149145112819333(空腹時)
BS/70-13993H101検査無検査無検査無
HbA1c/4.6-6.25.14.85.15.35.3

※Hは閾値よりも高いもの

とくに、TG(中性脂肪)の値が年々高くなっています。
食事由来の場合があるようです。そしてその食事は、アルコール・糖分・脂肪などのようです。または他の病気由来など。
私の場合には、アルコールの過度な摂取があると思うので、気をつけたいと思います。

なおこの値は、動脈硬化と膵炎を引き起こす因子となり得るそうです。


stock_value at 12:02|この記事のURLComments(0)
2019年04月22日
昔から扁桃腺がよく腫れていました。
特に20代の頃はそれが非常に多く、このブログでも扁桃腺については2004年ころからしばらくの間定期的に症状が出ていました。

しかし最近になって、そこまでひどい症状にはならないことが多くなりました。例えば金曜日の夜に具合が悪くなって、土日休めば月曜日には軽快しているような。生活には影響が出ないことがほとんどでした。

20代のころは、1週間以上熱が長引くことがあったのですが、最近はそんなことはありませんでした。

今回の場合、はっきりとした推移がありました。
最近なぜか細かい案件が多く、毎日数件のアポが入っていました。私は人と多く接すると、緊張からなのか対象不良になりやすいというのがあります。が、今回は特にそういうことも無く、そつなく作業をしていました。

水曜日になって、仕事終わりに飲みに行きましょうと誘われました。いつものメンバーで安心して飲むことができる人たちです。
19時ごろから23時ごろまで飲んでいたのですが、帰り際に喉に違和感を感じました。

翌日木曜になって、軽い身体のだるさはありましたが、体調不良と言うことではありませんでした。定時ぐらいに帰宅して、早めに寝れば回復するだろうとも思えるぐらいです。
しかし夜になると、どうも身体が熱っぽくなってきました。さらに金曜日もアポがあったので、数件のそれをこなしたら、いよいよ寒気がして、本格的に発熱していることに気づきました。風呂でのぼせているような感じで、寒気はするのですが身体は妙に温かい感じです。早々に寝たのですが、寝汗をかくだけで、まったく回復の兆しはありません。

土曜日になると、早朝は比較的よくなっていました。軽くコンビニまで出かけたりそういうことは苦痛無くできました。
しかし午後になると体調不良が強くなってきました。このぐらいでようやく解熱剤のイブを飲んで解熱を試みました。土曜日が一番しんどかったように思います。

日曜日になると、やはり早朝はよくなっていました。それは昨日のそれよりもよくなっており、歩くのはしんどいですが、身体がだるくて動けないというほどではありませんでした。そして午後になっても、快適ではありませんでしたが、治りつつあるような感じもしていました。
結局日曜日が経過し、月曜日を迎える頃には、なんとか病み上がりというぐらいまでは回復しました。

食欲が落ちないのはいつものことなので、やっぱり扁桃腺なのかなぁと思っています。

stock_value at 10:03|この記事のURLComments(0)
2019年03月23日
以前、以下のように記事を書いています。
2018年12月14日:ペアコールが効きました。

今回、花粉症なのかわかりませんが、鼻水が止まらなくなったので、アレルギー関連の薬を買いました。
「一番安いやつをください」と。

すると新コンタック600プラスをすすめられました。
成分を確認すると、以前のペアコールと似ていました。成分は以下のようになっていました。

塩酸プソイドエフェドリン 120mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 8mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg
無水カフェイン 100mg

ということで、一番入っている成分はペアコールと同じ塩酸プソイドエフェドリンでした。


stock_value at 17:42|この記事のURLComments(0)
2019年01月23日
性病の検査をしています。これは別途記事にしたいとおもいますが。
で、今回は自宅でできる方法を行いました。

今回検査キットが送られてきたとき、そういえば過去にも1回こうした方式でやったことがあるなと思いました。
前回もそうだったのですが、採血するのが尋常じゃないほど怖いのです。

【採血は度胸だめし】自宅で健康診断をしてみた

まさに上記の記事の通りで、僕は採血できるまでに3日かかりました。そして相当に怖いので、お酒を飲んで酔った状態でようやくできました。
前回はそんなじゃなかったと思いますが、前回も怖かったのは間違いありません。

前回、ランセットを利用するときちょっといたかったのです。痛かったというのは正確ではなく、軽い衝撃を指に感じたという感じでした。「あっ」と痛みというよりは衝撃を感じて、血が出てきました。繰り返しますが、痛くはありません。ただ怖かったのです。

その記憶があったので、今回も相当に怖かったです。たぶん前回のそれを踏まえた上での、今回の怖さです。
しかしランセットの形状は違いました。前回は、アポロチョコのような形だったように思います。今回は上記ブログにあるような、小さなチューブ形状のランセットでした。

酔った状態で、ランセットを利用したとき、人差し指の少し横にやりました。指の中心よりも痛くない (らしい) という理由からです。
しかしそれでは、皮膚が硬いためなのか、うまく血が出てきませんでした。そして今回は以前と異なり、衝撃もありませんでした。もちろん痛みもありません。

そして、血がうまく出なかったのでまた予想よりも非常にあっけなかったので、すぐに中指の中央に再度ランセットを利用しました。こちらも全く無痛で、衝撃もありません。ちょうどボールペンのカチッとノックする部分を指に押しつけるような感じです。そしてペンを離すと血がでてくるような。

中指は非常にうまくやれたようで、さらに飲酒していたので、血がすごく出てきました。

ただやはり非常に怖かったです。痛くないのですが怖いです。怖いです。次回もやってみたいとは思いますが、怖さに慣れるのかが不安です。

stock_value at 11:27|この記事のURLComments(0)
2019年01月22日
最近は技術的な内容の記事ばかりだったので全然書いていませんでした。
私はだいたい1年に1回ぐらい検査をしています。間隔が開く場合もありますが、おおむねそんな感じです。

理由は特にないですし、昔ほど性的な接触もないため、正直不要とも思うのですが、いわゆる一般的な成人男性なので。という感じです。

検査は保健所であれば無料で行われます。しかし採血のために現地に行き、結果を聞くためにまたいく必要があります。交通の便がいい場所や近所にに検査所があればいいのですが、そうじゃない場合には結構手間です。また時間も日中帯なので仕事との兼ね合いもあります。

病院で検査をする場合には、時間と場所の制約は結構回避されるように思います。しかし今度は費用面です。
確か東京駅付近にあるところで何回か検査をしたことがありますが、東京駅は仕事でもよく利用するので、場所の問題はありません。また検査結果も電話で聞けたので、それも問題ありませんでした。しかし費用がかかります。
病院での検査の場合、だいたい一つの病気の検査で1万円ぐらいでしょうか。決して安くはありません。

郵送検査の場合、価格はまあまあ安価です。5,000円ぐらいでしょうか。しかし採血が怖いのです。自分でランセットを利用して血を出す必要があります。今までやった感じでは痛くはありません。本当に無痛です。しかし怖いのです。尋常じゃないほどの怖さです。結果につてももし陽性だった場合には再度病院に行く必要があります。

そんな感じでいくつかを使い分けているのですが、保健所は2回ぐらいの利用。病院が5-6回。郵送検査が2回。そんな感じです。


stock_value at 12:01|この記事のURLComments(0)
2018年12月14日
寝る前に鼻づまりが生じることが多々ありました。お酒などが原因の可能性も強く感じていますが、飲んでいない時やごく少量しか飲んでいない時でも、寝るタイミングになって鼻が詰まるのです。

なぜ寝る前になると鼻づまりするのでしょうか。

最近風邪気味だったりということもあり、さすがに無視できないぐらいにつらくなっていました。
そこで、薬を調べて購入しようと思ったのです。

いくつかの成分について調べてみたところ、以下のものが良さそうになんとなく感じました。
※私自身は薬の知識はゼロなので、何もわかりません。カンです。

塩酸プソイドエフェドリン

Wikiなどを見てみると、鼻づまりの有効成分であることが書かれていました。・・・覚醒剤についても記載があったのがアレでしたが。
アレルギー性鼻炎に有効だということで記載がありましたが、私が何を理由として鼻づまりになっているのかはわかりません。

しかしこの薬を寝る前に飲むと、鼻の通りがよくなっている感じがします。とてもいいと思いました。
※ただなんとなくいくつかの広告を見ていると、眠気を阻害しそうな感じでした。私はよく寝られる方なので気になっていません。

薬局で購入した薬は、ペアコール鼻炎カプセルLG というものでした。




stock_value at 11:46|この記事のURLComments(0)