健康

2016年02月09日
年末より苦労していた副鼻腔炎ですが、無事に完治しました。
経緯等については、過去の記事を参照してもらうとして、結局通院開始から3週間がかかかりました。

抗生剤を飲むことによる治療であったため、薬は毎回きちんと飲んでいました。特に抗生剤は、3週間のうち、半日ずれたのが2回あっただけでした。
最初は1日1錠を飲む薬だったのですが、それを半日ずらしてしまい、毎朝だったのが、その日から毎夜になってしまいました。(薬の飲み方はよく分かりませんが、こういうときは、毎朝のペースは崩さずに、その日だけ夜飲んだ方がよかったのでしょうか。)

もう1回は、薬の種類が変わり、朝と夜に1錠ずつ飲む薬でした。これも1回ずらしてしまいました。(こういうのも、朝飲み忘れたときには、夜に2錠飲んだ方がいいのでしょうか・・・)

治療は、最初が若干痛かったのを覚えています。
これはカメラを入れるためで、スイスイとカメラが入っていき、苦しいとか、吐き気などはまったくありませんでした。しかし鼻の中に異物が入るわけですから、違和感はありました。

そして最後の時。このときは、痛くは無かったのですが、太い管を入れられました。これで余分な鼻水や膿などを吸い取るようです。先生が言うには、鼻にこの管を入れても、何も吸わない=鼻水や膿が無いので、治ったでしょう。とのこと。ただし鼻の中を見ると、アレルギーがあるようですね。といわれてしまいました。炎症などがおさまっていないということなのでしょうか??

また、病院に行くと必ず、鼻で薬を吸う装置をやらされました。(おそらくネブライザーだと思われます。)
この治療に意味があるのかは分かりません。最後の通院のときは、治っていることを確認するだけだと思ったのですが、この治療がありました。治療費のためであれば、それはそれで仕方ないように思う事にします。

また「副鼻腔自然口開大処置」というのが明細に記載されていました。この字だけを見ると、「おいおい勝手に人の鼻の穴を広げないでくれよ!」ということなのですが、これも治療のようです。
意味などについては、こちらも不明ですが、必要なのでしょうきっと。

内科などの治療に比べ、色々やっている割には相対的に安かったように思います。(薬はたぶん同じぐらいかと)
治療が安く感じるのは、骨折したときもそうでした。

今後この件がどうなのるのか分かりませんが、副鼻腔炎はこりごりです。



stock_value at 18:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2016年01月20日
2016年01月07日:蓄膿?副鼻腔炎?

以前の続きです。
相変わらず症状に変化は無く、快方に向かっているとはとてもでは無いけども、思えませんでした。日常生活に影響があるとは言えませんが、気持ちが悪いのは確かですし、以前からの持病であるぜんそくも調子が悪いように感じていました。(息苦しかったのです)
また、この息苦しさは、日常生活に支障をきたす一歩手前の状態で、たとえばアルコールを飲むと、生活支障が出ると思われるほどに息苦しくなっていました。飲む量もビール500mmぐらいな量なのにもかかわらず、です。


調子が悪いこの状態に変化は無く、いよいよ病院に行くことにしました。耳鼻咽喉科。意外と開業医は少ないような気がしました。
保険証などは普段は実家に置いてあるため、実家の近所で探したところで行くことにしました。
初めて病院に行ったのは1/14のことです。

鼻にはスコープを入れられて、これが我慢できる範囲ですが、意外と痛かった。レントゲンを撮ると、顔の左側は白く映っていました。これが副鼻腔炎の症状を示すようです。ただし全体的に白くなることが多いようで、左側だけというのは「なぜだろう」そんな感じでした。ちなみに鼻の症状も左側だけでした。

以下の通り薬を処方されました。
・ジェナニック錠 200mg /夜2錠
キノロン系の抗菌薬

・キプレス錠 10mg /夜1錠
・セレスターナ /夜1錠
・カルボシステイン(ムコダイン) 500mg /朝昼夜各1錠

これらの薬を1週間飲み続けました。すると症状は非常に軽快になってきました。

そして1週間後に2度目の通院。
このときはまだ若干黄色い鼻水がでていました。しかしにおいはありません。

早く回復してほしいですね。

stock_value at 13:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2016年01月07日
去年末、確か30日頃だったと思います。
鼻の奥が調子悪くなり、風邪の予兆かな−?なんて思っていたのです。

このときは鼻うがいをしておきました。すると、本調子とはいかないまでも、違和感が若干あるという程度に収まったのです。
このまま年始の休みに入ってしまえば、休息もできるし本調子に戻るだろう。そのように思っていました。

しかし年始もお酒を飲む機会が多かったりで、休息というほどの状態ではありませんでした。
最近になって、鼻の調子が同様に悪い感じがしており、しかしそれは、今までの風邪の諸症状とは違いました。

熱っぽい状態でもあったので、それは扁桃腺の感じに似ているようでした。

あるとき、突然鼻から臭い液体がノドに垂れてくる事に気づきました。それは腐ったタマネギのような臭いでした。ちょうどその頃、ニンニク・ニラたっぷりの餃子を食べていたので、これが口内に残っていたのかと思ったほどです。
また鼻をかむと、うっすらとにおいがしました。

これは一体何だろう。そのようにそのときは思っていました。
そしてお風呂に入って鼻をかむと、真っ黄色な鼻水が出てきて、口内に臭いの元を感じました。

結局臭いが気になるほどなのは、3日ぐらいでした。初日が原因不明で臭くて、翌日が風呂で真っ黄色な鼻水で症状を自覚して、その翌日は症状が軽快しており、においは多少あるけど鼻水は透明。

とりあえず副鼻腔炎は体調と共に変化しそうですし、治ることもありそうなので、しばらく様子を見たいと思います。そして体臭のようにこの臭いが外に出たらいやなので、症状が治まらない場合には早々に病院(耳鼻咽喉科)にいきたいと思います。

stock_value at 13:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2015年12月24日
口内で、奥歯のさらに奥から骨が露出していることに気づきました。
露出といっても、たいしたことではなく、目で見える範囲では、2ミリぐらいでしょうか。

最初は下の親知らずが生えてきたと思ったのです。その辺はつい先日の記事で書いています。


で、本日なのですが、この部分の骨が剥がれ落ちてきました。
歯磨きをしているときに、奥に当たってしまい 「ミシッ」 っと感じました。なんか血が出てるなーなんて思ったら、口内に砂のような感触が。
手に取ってみると、それは骨でした。
以前、骨隆起について調べていたら、同じように剥がれ落ちたというブログを見ました
と・と・と・と・取れた!! 骨隆起

形状はそっくりで、まさに上記サイトの画像のとおりです。ウロコのような状態で、若干ぎざぎざしており、歯茎と思われるちょっとピンクの部分がありました。口内からは若干出血がありましたが、それは歯を磨いているときに出る程度の出血で、すぐに止まりました。
ちなみに、においは臭い玉と言われるのと同じような臭いでした。

まるでこれは、白いカサブタのようです。
これが本当に骨隆起なのか分かりませんが、口内はおかげでスッキリしました。

ただしまだちょっと骨が露出している部分があるように思えますが、今までの感じとは違い、ツルツルしているためにすぐに歯茎に覆われそうな感じがします。
これで解決ということでいいのでしょうか。
なにはともあれよかった。

stock_value at 10:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2015年12月15日
僕は、歯医者にいくと「噛む力が強いようですね」そのように言われます。
おそらくそれは、本当に噛む力が強いのでは無く、くいしばるクセがあるという指摘であると考えています。

確かに昔はジムを利用していたので、かみしめることはよくあったかもしれません。しかし今はジムにもほとんど行っていないので、チカラを入れるようなことはありません。しかし夜寝ているときには、歯ぎしりは分かりませんが、食いしばることは本当によくあるようです。たまにそれで起きる時もありますし、マウスピースをつけて寝るときは、口の中にグミがあるような感覚なので、いつもガムを食べるような夢を見ています。

それぐらい、僕は寝ているときに、かみしめているのだと思います。

先日、下の奥歯のさらに奥に骨が出ていることがわかりました。「すわ!親知らずか」そのように思ったのです。
今まで上の親知らずは2本とも抜歯しました。痛くは無く、非常にスムーズでした。しかしもし下の親知らずであれば、それは難儀するというのを聞きます。

ついに来たか。そのような覚悟だったのです。

歯医者に行くと、まず最初の問診で、「syoさんは、レントゲンを見る限りでは下の親知らずはありません。」そのように言われてしまいました。
たしかに、上の歯はかつてのレントゲンでは親知らずが存在していました。しかし昔からずっと、下の歯の親知らずはありませんでした。

で、さらに話を聞くと、骨隆起ではないかというのです。

もともとかみしめる癖のある僕なので、口内は典型的な状態のようです。その中で口の中の様々な場所が隆起しているようです。
先生としては、その状態で食べ物が当たるなどして、歯茎の薄い部分が切れてしまい、骨が露出してしまったのだろう。そのような見立てでした。
まずは塗り薬で様子を見ると言うことでした。骨の露出はなおるっぽいですね。

僕としては特に痛みも無いので、このまま放置でいいかなぁとおもっていました。しかし骨が露出している状態はあまり望ましくないのか、ちゃんと薬を塗るように言われ、なおかつ1週間程度で変化が無い場合には再通院を言われてしまいました。

さてどうなることやら。

stock_value at 15:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2015年09月07日
毎度のことですが、歯医者に行ってきました。
前回の検診は3/1でした。2015年03月20日:中村歯科医院がリニューアルオープンしました。

僕は歯磨き粉を利用しないのですが、そのあたりの話を少しだけしました。
発泡剤の入っていないものや、研磨剤の入っていない歯磨き粉などはいかがでしょうか。そのように進められました。確かに歯磨き粉に入っているフッ素などはとても大切だと思っています。

ウェルテックのジェルコートFという製品を勧められました。
Weltec

とりあえずサンプルをもらったので、検討したいと思います。特に歯磨き粉には思い入れないので、研磨剤も発泡剤も入ってないなら、これでいいかなーと思っています。
ちなみに、1つの製品で200~300回利用可能ということなので、絶対1年以上持つな・・・。

stock_value at 11:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2015年07月22日
毎年、会社の健康診断に行っています。
例年なんらかしらの異常というか経過観察が必要なところが見つかり、なかなか健康体というわけにはいかないもんだと思っています。

ちょっと前に覚えているのは、右心室肥大だったかな?
尿酸値は相変わらず高いので、投薬で治療中です。
うまれつきのぜんそくは、最近は良くなりました。投薬なしです。

という状況なので、健康が一番うれしいですね。

普段の健康診断は、身長や体重の計測のほか、レントゲンぐらいなのですが、今回は血液検査と心電図がありました。

まず血圧ですが、今まで
117/75 *2013年
124/80 *2014年
124/85 *2015年

という結果です。そして今までは問題なしだったのですが、今年は、軽度高血圧の疑いという結果になりました。前回と比べて、低い方の値が5上がっただけなのですが・・。

※ちょっと調べてみたら、85-89の範囲は正常高値血圧という分類になるようです。ギリギリのラインにいたようです。

それ以外の、箇所については正常でした。
RBC:475
HB:14.9

AST:27
ALT:30
GTP:27

LDL:104
HDL:83
TG:33

HbA1c:5.3

stock_value at 10:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)