日々:2011年

2011年11月03日

かつて写真に変な映り込みがあるのに気づきました。

ということで、レンズよりももっと深刻な映像素子のホコリ。

ホコリの確認をします。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20090220/1023916/?P=5

・AモードにしてF値を一番大きくします。
白い紙を撮影し、拡大してホコリを確認します。カビのように写り込んでいます。


ホコリが我慢出来ないぐらい付着しているようであれば、
http://support.d-imaging.sony.co.jp/www/dslr/products/benri/cleaning/index.html
を参考にして、ホコリを取り除きます。

個人的にはこれにはリスクが有ることと、よっぽどのことじゃなければホコリには気づかないと思うので、どうしてもホコリが気になる時にはサービスセンターへ持ち込もうと思っています。

ちなみに一番最初に書いたように、いままでホコリが気になったのは1年間使っていて1度だけでした。ちょうど参考サイトの方のように、空の写真で気づきました。

参考
NEX-5のイメージセンサーを清掃してもらった、無料で



stock_value at 13:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年09月22日

志賀高原に行きました。
google 画像検索

志賀高原では全体的に標高が高いようで、走っている道路でもそうですし、ホテルの周辺でも標高の表示があり、すべてがとても高いところでした。確か標高1000mぐらいは普通にあったような気がします。

コンビニやホテルのスナック菓子を見ると、どれも袋がパンパンになっているのです。それを見た友人が「標高が高いから袋がパンパンになってる」と、そのように言いました

僕はそんなことがあるなんて知らなかったのでとても驚きました。確かに気圧の関係でそうなることは想像できるのですが、実際に目に見えるほどの変化があるとは思っていませんでした。

stock_value at 10:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年09月21日

先日、志賀草津道路にバイクで行ってきました。
国道292号は、国道の中で日本一標高の高いところを通っているらしいですね。

途中、霧が出たり、雨が降ったりもしましたが、基本的には快晴だったのですばらしいツーリングでした。

参考
残雪と新緑の嬬恋&志賀草津道路
鬼押出し園

stock_value at 15:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年09月11日

昨日誕生日でした。 31歳です!

このブログを書き始めたのが24歳のころです。あっという間ですね。
おっちゃんになってきました。

特になんもない誕生日でした。

stock_value at 11:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年08月28日

Twitterでは、自分を誰がフォローしてくれたのか、自分が誰かをフォローした場合にはよく分かりますが、誰かからフォローされた場合、その人がすっと去っていた場合にはよく分かりません。

ツイッターの場合には誰がフォローしてくれても、僕が誰をフォローしても、特に関係ないと思いますが、それをもし知ることができたら便利ですね。

人事ったー

ということで、このサービスで新たにフォローしてくれた人と、去っていった人が分かるようになります。

stock_value at 09:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年08月10日

最近知り合った人が、積極的に労組活動をしており、かなりの左翼思想を持っていることを知りました。それは冗談でそのような立ち位置での会話をしているとか、そのように考えているけども、あくまでそれは自分の考えとして。ということを超えて、直接的な積極的な活動をしているらしいのです。

僕としては、そういう話題になると絶対色々と問題があるので、あまりその辺の話はしませんでした。

もちろん普段の会話のすべては、その友人の思想とは関係が無いので、全く問題ありませんでした。あたりまえですが、会話のテンポや感覚もまったく同じです。
ということを、大まじめで思うほど、僕にとってはそういう思想の方は初めてだったのです。

逆に、おそらく思想が関わることにはきっとすごく活動的だと思います。きっとそれは、僕なんかが興味本位でそのようなことを聞けば、徹底的に論破されるのかも。

最後まで思想に関わる話をしなかったので具体的なことは全く分かりませんでしたが、それにしても、なんだか不思議な感じがしました。

stock_value at 12:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年07月25日

先日、お酒の飲めないBBQはあり得ないという話を書きました。2011年05月24日:お酒の飲めないBBQ
そして無事にBBQが行われたので、そのときの感想とともに色々気づいたことを書いておきたいと思います。

まずお酒が飲めないこと、それについては僕は肉のない焼き肉のようだし、シャリだけの寿司のような、それを構成するための重要な要素が欠落していることだと考えていました。

実際にBBQを行って、お酒が飲めないのは条件付きでいいのではないかと考えるに至りました。
お酒が無いことのデメリットも非常に大きくあるのですが、メリットも確かにありました。
当然のことながら、お酒が入っていないので、非常に秩序だって進行します。終わりの時間は厳守されますし、片付けなどが整然と行われました。だってみんな酔ってないから、片付けとか別に面倒に感じないのです。身体も疲れてないのです。

一方で楽しさは半減どこではありませんでした。やっぱり泥酔は大問題ですが、ほろ酔いぐらいでワイワイ楽しみながら囲むのは非常に重要だったと、改めて感じたのです。BBQが大好き!っていう人がいますし、その気持ちは非常によく分かります。しかしお酒の飲めないBBQに至っては、大好きとまで言えるほどの楽しさは無かったように感じました。

つまり、BBQのみを純粋に楽しむ(しかしその楽しさはたいしたことない)という場合にはいいのではないかと思いました。

なお会費が安くなるというメリットはほとんど感じられるほどではありませんでした。アルコールの有無によって3000円の会費と2000円の会費にどこまで意味があるのかは、疑問です。

前回の記事でも少し書きましたが、重要な情報が後出しになることの意味はやはり大きかったように思います。かなり僕は慎重に全体的な方向性が出るように裏方で努力をしたと考えていました。しかしやはりまとめきれていない、、まあアルコールの件から僕はそれを半ば放棄していましたが、、全体としてはどうもちぐはぐになってしまったと思っています。

次からはこれらの反省点を踏まえて、もう少し踏み込んだ部分にまで関われればいいと思っています。

stock_value at 12:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)