技術:04〜08年

2008年12月30日

AD のイベントビューアを確認すると、頻繁にエラーが発生していました。

-------------------------
種類 : エラー
ソース : Userenv
分類 : なし
イベント ID : 1058
日付 : 2003/11/21
時刻 : 12:55:33 PM
ユーザー : NT AUTHORITY\SYSTEM
コンピュータ :
説明 : GPO CN={31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9},CN=Policies,CN=System,DC=lcds,DC=lab
用のファイル gpt.ini にアクセスできません。
ファイルは場所 \\lcds.lab\Policies\{31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9} に存在する必要があります
(アクセスが拒否されました)。グループ ポリシーの処理は中止されました。
-------------------------
種類 : エラー
ソース : SceCli
分類 : なし
イベント ID : 1030
日付 : 2003/11/21
時刻 : 12:55:33 PM
ユーザー : N/A
コンピュータ :
説明 : グループ ポリシー オブジェクトの一覧を照会できません。このエラーの理由を説明するようなメッセージをポリシー エンジンが記録していないかどうか、イベント ログを確認してください。
-------------------------

結論としては、サポートツールをインストールし、dfsutil /PurgeMupCache を実行すればOKです。

詳しくは、Microsoftのサポート情報を。
Windows Server 2003 でグループ ポリシー処理がイベント 1058 および 1030 で失敗する




stock_value at 15:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月29日

仕事の関係で、Officeのプロダクトキーを良く入力しています。そのときにOfficeのプロダクトキーを変更できたら便利だと思うことがありました。

ということで、調べてみました。
Office XP、Office 2003、および 2007 Office system のプロダクト キーを変更する方法

stock_value at 00:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月28日

http://www.microsoft.com/japan/windows/using/windowsvista/guide/upgrade/confirm.mspx

XP Proから、アップグレードインストールを行うには、条件があるようです。組み合わせによっては、新規インストールの必要があり、その場合には、結構な手間がかかってしまいます。

注意しないとな。

stock_value at 23:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月25日

ユーザーに対して、Administrator権限の付与を行っておりません。そのため、送り状発行ソフトでエラーが出るようです。PowerUserにしてもダメだったようです。結局インストールするユーザーで利用することを想定しているのでしょうか。

なので、Administratorでインストール → UserA でログインしソフトの利用というパターンはダメなようです。

とりあえず、エラーとしては、「クラスが登録されていません Wbfnccom_dll」という表示でした。

解決は 送り状発行ソフトB2:よくある質問 などを参考にしました。

そのため、インストールフォルダ内にある、ocx を regsvr32 を使用し、手動で登録してしまいました。とりあえずこれで動いたようなので、大丈夫なのでしょうか。

stock_value at 22:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月24日

Excel を利用して、どうにも保存ができないことがありました。
そして

Microsoft Excel でファイルを開いたり保存したりするとエラー メッセージ "ファイル名は無効です" が表示される

という問題にぶつかったのです。

結局 [] という文字をフォルダ名に指定しているのが問題だったのですが、なんとも解決が難しそうです。どのように運用で回避すればいいのか・・・

stock_value at 18:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月14日

2008年12月11日

National のデイリチェッカーを会社で取り扱っています。工事などで設置をし、運用のアドバイスやカードの管理などを行っています。

このときに DChecker.exe を使ってカードの管理を行います。ネットワークにつなげることができるので、設定がしやすいのが一番のメリットです。

しかしながら滅多に無いカードの管理が発生すると、いつもIPアドレスを忘れてしまいます。また、exeファイルもすぐにどこに行ったのか分からなくなってしまいます。

本当はWebから操作できると一番なのですが。


stock_value at 21:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)