技術:04〜08年

2008年12月10日
よく使うやつだけでも

プロトコル番号プロトコル
1ICMP
4IP
6TCP
17UDP

詳しくは参考サイトで。

■参考
Protocol Number:ネットワークエンジニアとして




stock_value at 13:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2008年12月07日
エラー メッセージ : "リダイレクタは接続の種類を判断できませんでした"
文書番号: 315244 - 最終更新日: 2007年12月1日 - リビジョン: 2.2

■参考
www.code-d.org


ということで、無視しても大丈夫ということです。

stock_value at 13:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2008年12月04日
http://wiki.nothing.sh/
色々便利な情報がまとめられています。

NEC Express5800/110Ge は参考になりました。
ちなみに、1TのバルクHDDを2基追加したら、問題なくRAID1できました。

stock_value at 10:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2008年12月03日
DSNの設定をする必要がありました。ということで、XPでいうODBC データソースアドミニストレータをVISTAのスタートメニューやコントロールパネルから探したのですが全然見つかりません。どこに行ったのだろう・・・。

ODBC 経由で MySQL に接続:プログラミングメモを読むと、スタートメニューの「検索の開始」にODBCと入力すると、データソース(ODBC) というのが出てきました。

起動すると、XPのそれと同じだったので助かりました。

なお、システムDSNはアプリ側から呼び出せないこともあったので、結局ユーザーDSNの方が使い勝手がよさそうです。
でもそれだとユーザー毎に設定が・・・というなかなか難しい問題があります。


stock_value at 10:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2008年11月21日
TOSHIBA DynaBook CX1/214LEのハードディスク交換:煤式自動連結器

上記サイトを確認し、ハードディスクの交換を行いました。
そもそもHDDの不良で、起動しなくなったので今回交換の依頼がきました。

ノートPCの分解は非常に疲れます。なかなか分解するのが大変でした。


なお、交換後OSの再インストールを行ったのですが、リカバリディスクがなかったので、ドライバのインストールに苦労しました。特にマルチメディア(サウンド) のドライバを当てるのが非常に苦労しました。

とりあえず dynabook.comは重要です。


stock_value at 17:38|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)
2008年11月18日
会社の人が悩んでおり、僕にアドバイスを求めてきました。ということで、色々試した結果を。

まず、64bit OS は非常にすばらしいと考えていますが、なかなかトラブルもあります。
そしてその筆頭が、ハードウェアのドライバです。アプリケーションはビジネス用途の場合、ほとんど大丈夫なのですが、やっぱりハードウェアは、新しいのをインストールするたびに、ドキドキしてしまいます。

今回も、USBの無線でした。PCI標準のドライバをインストールすると、このデバイスを開始できません。 (コード 10) というエラーとともに、デバイスマネージャーでは、ビックリマークが付いてしまいます。

ということで、GW-US300GXS は atheros の ar9170 を利用しているので、検索しドライバーをダウンロードしてきました。僕の場合は iogear というサイトがヒットしました。

そしてインストールなのですが、Vistaの64bit ドライバを指定すると、やっぱりうまくインストールできませんでした。
ということで、直接XP-64bitを指定してインストール。

これで問題ありませんでした。でもなんでVistaのドライバだとダメなんだろうなぁ


stock_value at 19:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2008年11月17日
昔に比べてアンチウイルスソフトがだいぶ良くなってきました。
昔はPCが遅くなるし、そのソフト自体がウイルスなのではないかと疑うほどひどかったです。遅くなって毎日使うストレスを感じるのか、インストールしないリスクとの兼ね合いだと思えるほどに重いソフトでした。

それが最近のソフト−特に2008年版あたりから− 相対的にソフトがとても軽くなってきました。

そしてそれとともに、ウイルス定義ファイルの更新頻度も上がってきたのです。これはソフトとしては完成度が非常に高くなってきたことを示すと思います。

ということで、色々調べてみました。※どちらも個人用だと思います
主に
・シマンテック(ノートン)
・トレンドマイクロ
です。

■速度について
ここの記事を読むと、2008に比べて、起動時間などは大きく改善しているようです。

またここを読む感じでは、ウイルスバスターは2008年度版でもそれなりの速度がでているようです。ってことは2009はさらに期待できそうですね。

■定義ファイルの更新について
ウイルスソフトは、このパターンファイルの更新が非常に重要だと考えています。そしてここを読むと、更新頻度も非常に多いとなっています。

それぞれサポートサイトも確認してください。
シマンテック
トレンドマイクロ

しかし、ノートンはセキュリティという意味ではとても良さそうです。今度検証してみようかな。


stock_value at 12:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)