2021年10月05日
Lastpass が有料化になりました。といっても、有料化に由来する不便はありませんでした。
しかしながら、例えばスマホからログインするときに、なぜか毎回のように、「新しいデバイスからのログインなので、メールで承認してほしい」となり、しかしメールがまったく届かない。だから実質スマホからはログインできない。そのような状態によくなり、これがまったく不便でした。

とはいっても、PCからであれば問題無くログインできますし、他のアプリに乗り換えるほどでもなく、使っていました。

そこに最近の有料化のニュースでした。
現実的にアプリの乗り換えを調べたときに、 Bitwarden というソフトがあることを知りました。

このソフトをお試しで使ってみると、Lastpassと同様に便利でした。
なにより Lastpass のデータを Export / Import できたので、引き続き同じように利用ができました。
今ではサイトにパスワードを入れると、Chromeで保存の有無を聞かれ、LastpassとBitwardenで保存を聞かれるようになりました。
Bitwarden については、たまに保存を聞いてこないことがありますが、まあ目をつぶります。

参考
LastPassからBitwardenへ乗り換え【PCスマホ共通手順】完全図解!

stock_value at 11:15|この記事のURLComments(0)技術 
2021年09月17日
過去のいろいろな方々の記事を読むと、現在はURLが変更になっているようです。
これらを探すのはとても大変ですね。

以下の方法で利用できそうでした。

wget https://archives.fedoraproject.org/pub/archive/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm


remi レポジトリも似たような感じのようです。
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
rpm -Uvh remi-release-6.rpm

yumコマンド実行の際には、以下のように都度利用するか、conf ファイルで enabled を 0 にするようです。
--enablerepo=remi
--enablerepo=epel
stock_value at 18:45|この記事のURLComments(0)技術 
2021年09月05日
たっぷりと(500G)データの入っている EBS ボリュームを別のリージョンに移動させる必要がありました。
以前に同じような作業をしたときには、とても時間がかかったのを覚えています。

今回は以下のように作業しました。

1. データを移行する前日ぐらいにスナップショットを取得する
→ この作業が結構時間がかかります。が、時間は不明です。

2. データを移動させる直前にスナップショットを再度取得します。
→ 上記[1]で取得したスナップショットとの差分でおわるので、すごく短い時間です。
今回の場合は15分ぐらいで完了したように思います。

3. スナップショットを別リージョンにコピーします。
1時間ぐらいで完了しました。

スナップショットからボリュームを作成するのは一瞬です。

今回のような場合、どのような手法でデータをコピー・移動させようか考えたのですが、
スナップショットが差分ということだったので、初回のスナップショットだけは余裕のあるときに取得しておき、あとはこまめに取得しておくことで、リージョン間でのデータ移動はスムーズに完了するのではないかと思いました。

stock_value at 16:09|この記事のURLComments(0)技術 
2021年09月04日
EC2 で Windowsサーバーを構築しました。
このとき、壁紙にはそのインスタンスの情報が書き込まれています。
てっきり bginfo という有名なアプリを利用しているのかと思ったのですが、どうもそうではないようなのです。

何も知らずに壁紙を変更したとき、情報が消えてしまい、またそれを簡単に復元できなかったことにビックリしましたし、なによりも焦りました。

ちなみに壁紙の変更は、現在操作しているサーバーをまちがえないようにです。
背景を黒にしたり、グレーにして、少しでもミスが減るようにと、結構真面目な理由で壁紙を変更したのです。

以下のサイトの通り作業しました。
AWS EC2 Windowsで壁紙にインスタンスの情報が表示されなくなった場合の対処

以下のフォルダに、壁紙ファイルがあります。
C:\Users\Administrator\AppData\LocalEc2Wallpaper.jpg

壁紙の仕様があるかもしれませんが、たかだかこんなことに時間を使うのもイヤだったので、上記のファイルを変更したい壁紙で上書きしました。
そして上記コマンドを実行し、Logoff/Logonを行うことで、無事に目的の壁紙+スペック表記がでてきました。
stock_value at 15:35|この記事のURLComments(0)技術 
2021年09月01日
2017年12月23日: ポンパレショップは配送が遅い気がする。

以前にも記事を書いています。
今でもたまに利用していますが、相変わらず発送が遅いのは変わりません。

一番ひどかったのは、メールで問い合わせたところ無視され、TELで問い合わせて対応してもらったところがありました。
メールについて聞いてみたところ、確認していなかったということでした。

今回は購入元ショップから出荷伝票の数字を送ってきました。
発送されたので、この番号で追跡してください。そういった内容でした。

数日経過しても、その伝票では配送履歴は出てきませんでした。詐欺にでもあったのかと、とても心配になったのですが、その後メールで問い合わせを行ったところ、再送します。という返信がきました。

その後数日が経過して無事に商品が届きました。
もちろんちゃんと届くショップが多いのも事実ですが、かなり遅いショップがあるのもまた事実です。
そしてその割合はamazonや楽天と比べると非常に多いように思います。

stock_value at 15:42|この記事のURLComments(0)日々 
2021年08月09日
2回目の接種が完了しました。
ということで、副反応はこんな感じでした。

1回目
ほとんど(おそらくまったく)副反応はありませんでした。
接種した腕の部分が、若干筋肉痛のような感じでしたが、日常生活にはまったく支障はありませんでした。

2回目
午前中に接種を行い、およそ12時間後に熱が出てきました。
そのときまだ体温計を準備していなかったので、そのまま寝てしまいましたが、過去の扁桃腺の発熱に等しいぐらいだったので、おそらく38度後半から39度前半ぐらいの結構な熱だったように思います。

ロキソニンを飲むとだいぶラクになりました。

翌日になって、引き続き発熱している体調でした。このときには体温計も用意できたので、定期的にはかりました。
熱はだいたい38度台でした。

この日は一日熱が下がることはありませんでした。
さらに翌日になってもまだ熱はさがっていませんでした。
結局接種日+2日副反応が出ていました。

ただし終始ロキソニンを飲むと熱が下がりあまりつらい感じはありませんでした。
stock_value at 10:35|この記事のURLComments(0)健康