2024年05月15日
WordPressのサイトを引き継ぐことになりましたが、管理者ID/Passなどが不明でした。
しかしながら phpMyAdmin を通じて、DBのデータにはアクセスすることができました。

既存のアカウントをいきなり変更するのは少しリスクがあるかもしれないと思ったので、新しいアカウントを作成することにしました。

まずは users テーブルでユーザーを作成します。(既存管理者のデータをコピーするのが良いと思います。)
またパスワードの欄(user_pass)は関数の箇所について、MD5を選択します。
※ここで付与されたIDをメモしておきます。

次に、 usermeta テーブルから既存管理者の user_id で検索し、meta_key が wp_capabilities になっている行をコピーします。コピーしたとき、 user_id を上記でメモした、新しいユーザーに変更します。

同様に、 wp_user_level をコピーして、同様に user_id を新しいidに変更します。

これで新しいユーザーでログインすることができるようになりました。

stock_value at 08:04|この記事のURLComments(0)技術 
2024年05月14日
結論としては、以下のURLに答えが書いてあり、その通りに作業したら無事にインストールできました。
Windows Server 2019に I219-V を認識させるには(備忘記録)


ごく簡易な検証をするために、一般的なPCにWin20109をインストールしました。
OSのインストールは問題無かったのですが、LANドライバが見つからないのです。

チップセットは Intel B560 だったのですが、これに搭載されているNICは I219-V になるようです。

※最終的にはインストールできましたが、様々なことを試行したので、どれが確実な手法かは正直不明です。

様々な手法でインストールを試したのですが、ことごとくうまくいきませんでした。
デバイスIDについては以下の通りでした。
PCI\VEN_8086&DEV_15FA&SUBSYS_15FA1849&REV_11

INTELのサイトにある、I219-V のドライバーをダウンロードし、解答します。
PRO1000-Winx64-NDIS68 から .inf を右クリックしてインストールします。

これだけではドライバーは当たりません。

デバイスマネージャーから、該当のデバイスのプロパティを開き、ドライバーの更新。
コンピューターを参照して、ドライバーソフトウェアを検索

一覧から選択、製造元をINTELにして、Intel Ehternet Connection I219-LM を選択します。

これで無事にインストールができました。
stock_value at 11:59|この記事のURLComments(0)技術 
2024年04月22日
Nuroの回線を設定することがよくあります。
どの回線も速度が出るので、とても快適です。

先日もいつも通りルーターの設定を行い、問題なくアクセスできるようになりました。
インターネットアクセスは全く問題無かったのですが、自身のグローバルIPを確認したときに、逆引き設定がされていないことに気づきました。

私はよく、自身のIPアドレスを確認するのに、確認くんを利用しています。
確認くん

「あなたのIPアドレス」は問題無かったのですが、その下に、「ゲートウェイの名前」欄が何も表示されていないのです。

今までのNURO回線ではすべて XXX.XXX.ap.nuro.jp などのように記載されていたように思います。
表示されないのはやっぱりおかしい。

NURO のサポートに問い合わせました。
最初は私の問い合わせ内容が悪かったのか、DNSの逆引きは固定IPオプションを契約し、逆引き委譲の申し込みを・・・という案内をされました。
私の場合はそれではなく、最初に割り当てられる固定IPのデフォルトの逆引きがされていないことを問題視していました。

根気よく説明したところ、「調べるから時間を下さい。」そのように案内されました。
結局1週間ぐらい待っていたところ、問い合わせの件について対応してもらえたようで、無事に逆引き設定がされていることを確認できました。

stock_value at 15:23|この記事のURLComments(0)技術 
2024年04月01日
今まで砥石を使っていたのですが、砥石の種類がいまいちよくわかりませんでした。
砥石には、荒いものから目が細かいものまで様々あるようです。

そこで、安い砥石を購入しました。
1000番、6000番 のセットです。

持っている砥石と比較すると、1000番(いわゆる中砥石)はだいぶ荒い印象でした。
また6000番の砥石であっても、所持している物に比べると、まだ若干荒いように思いました。

とりあえず何回か利用したのですが、今まで1つの砥石だけで研ぐよりも、中砥石と仕上砥石の2つを利用したほうが簡単に切れ味が戻るような気がします。


今までの砥石では、ちゃんと切れるようになったと思えるまでには、20分ぐらい時間をかけて研いでいました。
しかし中砥石との併用であれば、普段の手入れであれば、数分研ぐだけでちゃんと切れ味が復活するように思います。
stock_value at 08:45|この記事のURLComments(0)日々 
2024年03月29日
今までオンボードのRAIDといえば、LSIをよく利用しているイメージでした。
Embedded MegaRAID というドライバーをよく探してインストールしていました。

サーバー用のマシンでは、これに変わって VROC(Intel Virtual RAID on CPU)という新しい機能が登場しているようです。

いまさら聞けないIT用語集 RAIDのボトルネックを解消するVROC

詳細については上記に挙げた記事の通りですが、SSDや NVMe 構成の時に真価を発揮するようです。
ただし注意が必要なのは、構成によってはライセンスが必要になる場合があるようです。

RAIDの管理画面は、味気ない感じがして、LSIの方が使いやすいような気がしましたが、必要な機能はそろっているようでした。

stock_value at 09:00|この記事のURLComments(0)技術 
2024年03月27日
社内に転がっていたので、テストでいろいろやってみました。サポート外の内容もあるので注意。

・ NVMe M.2 のディスクを取り付けてみましたが、BIOSからは認識しませんでした。ただしOSでは認識したので、OSのインストールなどは問題ありませんでした。
→ ただし、上記の通りなので、オンボードRAIDが組めません。

・ SATA M.2 のディスクを取り付けたところ BIOS から認識し、RAIDを組むことができました。
もちろんOSのインストールも問題ありません。

・電源ボタンはフロントパネルを取り外したところにあります。そのためボタンのON/OFFが頻繁に必要な場合には面倒だと感じました。

・HDDのマウント位置については、旧来の Primagy と同じなのでいいと思います。
・とても静音でした。
・起動時のチェックがあるのか、電源コネクタを外した状態から、接続→サーバー起動まではかなり時間がかかります。特に電源ケーブルを接続して電源ボタンONにできるようになるまで1分以上ぐらいかかるような印象です。画面にも何も出ないので少し不安になります。

参考
PRIMERGY TX1310M5開封・レビュー:仕様編
stock_value at 12:39|この記事のURLComments(0)技術