2022年05月05日
サーバーのメンテナンスをしていました。
マニュアルでは、ローカルのサーバーに接続するには、 127.0.0.1 を利用してください。
そのように記載されていました。

たしかにそのIPは自身のことを指しているので、特に問題無いと思いました。
しかしそれではアクセスできないのです。

プログラムに原因があるのかと思って、SQL Server Management Studio でIPアドレスで接続を試してみました。
しかし同様にエラーになってしまうことがわかりました。

過去にも色々試行錯誤しているようでした。
2007年06月28日: SQL Server 2005 Express Edition

今回も同じような感じでした。
SQL Server 構成マネージャーを起動
SQL Server ネットワークの構成から、TCP/IPのプロパティ
有効をはいに変更。
「IPアドレス」タブの、IPAll のTCPポートを1433に変更。またTCP動的ポートは空欄に変更。
これで SQL Server を再起動することで 1433 が Listen していました。

FWも適切に設定します。

stock_value at 16:29|この記事のURLComments(2)技術 
2022年05月04日
いつからだったか不明ですが、 SQL Server Agent が起動しません。
ログを見た限りでは、エラーになっておらず、サービスを開始させると、起動してすぐに停止しているようです。
なぜかエラーにはなっていません。

SQL Server Management Studio からサーバーに接続し、
管理-SQL Server ログという場所があるので、それを確認してみました。
「現在」となっているところを開くと、ログの選択画面が出てきて、SQL Server エージェントという項目がありました。

しかしここにもエラーはでていませんでした。

今回の件は結構対応が難しいと思いました。だってエラー出てないんだもの。
でもAgentを利用した、バックアップなどの処理はすべて失敗していました。

サービスから SQLAgentの起動権限を変更してみました。
まずはデフォルトの Network Service アカウントからローカルシステムアカウントに変更しました。
サービスの起動終了の症状には変化がありませんでした。

しかし SQL Server Management Studio から確認できるログには変化がありました。
以下のエラーが出ていました。
[298] SQLServer エラー: 229, EXECUTE 権限がオブジェクト 'sp_sqlagent_update_agent_xps'、データベース 'msdb'、スキーマ 'dbo' で拒否されました。 [SQLSTATE 42000] (DisableAgentXPs)

このエラーが出ていたので、サービス起動時のローカルシステムアカウントでは権限がないと思われました。
再度サービスを起動するアカウントに Admin 権限を有するアカウントを設定しました。

そしてサービスを起動すると無事に起動し、停止しませんでした。またエラーログも出なくなりました。
stock_value at 16:51|この記事のURLComments(0)技術 
2022年05月02日
初めて Docker を利用します。
練習する材料として、ちょうどよさそうなので、 group session を Docker 環境で動かしてみたいと思います。
GroupSession

※構成方法が全然わかっていないので、ベストプラクティスに沿っていないと思います。
こういう例で動作した環境があるという程度の参考にしてください。

docker のインストール等については標準的な方法で行いました。

groupsession の変更点が保持されるように webapps はローカルにマウントしています。
groupsession のバージョンなどが勝手に変更されないように、 war ファイルはローカルに保持しています。
tomcat のバージョンは本日時点の最新を選択しました。
例えばこの docker 環境で tomcat のバージョンを変えれば、tomcat アップデートのテストが簡単にできそうな気がします。
java についても、ローカルに保存しているものを利用しています。

以下のディレクトリを作成します。
/root/my-gsession-test
/root/my-gsession-test/tomcat9
/root/my-gsession-test/webapps

Temurin の java ファイルをダウンロードし、以下のフォルダに保存します。(Temurin 11)
/root/my-gsession-test/tomcat9 に保存します。

groupsession の war ファイルを/root/my-gsession-test/webappsに保存します。

以下の通り yml ファイルを作成します。
# vi /root/my-gsession-test/docker-compose.yml
version: '3'

services:
tomcat:
container_name: my-gsession-test
build: ./tomcat9
ports:
- "8080:8080"
volumes:
- ./webapps:/usr/local/tomcat/webapps

Dockerfile を作成します。
# vi /root/my-gsession-test/tomcat9/Dockerfile
FROM tomcat:9.0.58
ADD OpenJDK11U-jdk_x64_linux_hotspot_11.0.15_10.tar.gz /usr/local/java

ENV JAVA_HOME="/usr/local/java/jdk-11.0.15+10"
ENV PATH="$JAVA_HOME/bin:$PATH"

※ADD に tar.gz ファイルを指定することで解凍してくれるようです。※ただし解凍するときに少しだけ時間がかかっています。
環境変数を追加しています。

これで以下のコマンドで docker を実行します。
# docker-compose up -d --build

起動状況を確認します。
# docker-compose ps
NAME COMMAND SERVICE STATUS PORTS
my-gsession-test "catalina.sh run" tomcat running 0.0.0.0:8080->8080/tcp, :::8080->8080/tcp


次にやりたいこと
apache との連携
group session のメモリ調整

stock_value at 10:27|この記事のURLComments(0)技術 
2022年04月25日
iPerf を検索すると、以下のサイトが出てきます。
https://iperf.fr/

そしてここでは、2016年更新の3.1.3が最新版となっているようです。
ところが、 GitHub を確認すると、本日時点では 3.11 までバージョンが上がっているようです。
しかしここからダウンロードできるのは、どうも linux 等のもののよう・・・。

Windows用には自身でビルドしなければならないようです。それは敷居が高い・・。

ということで色々調べてみたところ、以下の情報がありました。
※野良ビルドかもしれないので、取り扱いには注意してください。
Iperf for Windows - where to find newer versions?
Iperf 3.11 Windows build
※野良ビルドかもしれないので、取り扱いには注意してください。

上記サイトのリンクからファイルをダウンロードすることができました。
stock_value at 11:20|この記事のURLComments(0)技術 
2022年04月21日
L3スイッチの設定をしました。
バッファローの BS-XM3008 という製品でした。

調べてみると、教育関係に特化した製品のようです。

コマンドの体系が H3C に似ていると思って調べてみると、
di ver で以下のように出てきました。

display version
Comware Software, Version 7.1.6
Copyright (c) 2004-2020 New H3C Technologies Co., Ltd. All rights reserved.
QX-S4308XT-2X uptime is 0 weeks, 0 days, 1 hour, 2 minutes
Last reboot reason : Cold reboot

詳細はわかりませんが、NEC QX-S4308XT のOEMのようです。
かつてH3Cを触った経験があるので、思い出しながら設定したいと思います。
stock_value at 11:47|この記事のURLComments(0)技術 
2022年04月20日
Webとメールができるサーバーをテストで構築する必要がありました。
メールといっても、Web問い合わせとかの確認メールを少し送るぐらいです。

Webarena の Indigo というサーバーが価格が安いようなので、テストで借りてみました。
以前も VPS クラウドをテストしたときにDNS逆引きができなかったために、メール送信が大変に厳しい状態でした。

今回もテストしたところ、やはり同様でした。

メールを受信したときのログは以下の通りです。 やはり unknown となっています。
sv.example.com (unknown [X.X.X.X])
by mail.localhost (Postfix)


原因は前の Webarena VPNクラウドと同じです。

参考
2017年06月23日: Webarena VPSクラウドはDNS逆引きができない。メールサーバー構築不可の可能性。

簡単には
IPから名前を引くことはできます。
しかしそこで引いた名前でDNSを引くと、今度は Non-existent domain となります。
それが原因です。

DNS(有料オプション)
DNS関連のオプションを調べても、
以下の仕様説明があり、やはり同様にできないようです。

> 逆引きは予め設定済みであり、お客さま独自ドメインでの設定への
> 変更はできません。インスタンスのIPアドレスでの逆引き設定はできません

この手のクラウドサービスは、サーバーの立ち上げがラクなので、メールサービスに対しては厳しい状態になっているのかもしれません。
stock_value at 19:04|この記事のURLComments(0)技術