2022年09月21日
昨日の記事で rclone を利用してバックアップしていることを書きました。
ループ状態になっており、ファイル階層がものすごく深くなってしまいました。

エクスプローラーで削除しようにも強制終了してしまい、削除できません。コマンドプロンプトを利用して削除することもできませんでした。
チェックディスクなどを行っても状況は変わりません。

robocopy を利用して、ブランクフォルダで上書きするという方法も案内されていたのですが、時間がかかりすぎるようで、途中でやめてしまいました。

結論としては、 7-zip のアプリをインストールし、アプリから該当のフォルダを削除することで無事に解決しました。
フォルダについては、 7-zip からたどろうとすると、「別のプロセスがー」というエラーになってしまうので、アドレスバーに直接入力し移動し、削除することができました。
なお Shiftキーを押しながら削除しないと、ゴミ箱に移動になってしまいエラーになる場合があるようです。

stock_value at 08:42|この記事のURLComments(0)技術 
2022年09月20日
google drive のファイルを rclone を利用してバックアップを取得していました。
あるときログが膨大な容量になっており、バックアップがエラーになっていることに気づきました。

ログについては容量が大きすぎで確認できなかったので、直接バックアップを実行して確認したところ、どうやらループになっているようでした。
rclone は初期ではショートカットはそのままリンク先のファイルをコピーするようでした。Windowsのようにショートカットファイルがコピーされるわけではないようです。

Linux でもシンボリックリンクなどの取り扱いで、このような問題がでてくることがあるとどこかで知識を得た記憶があります。

症状としては、
Aフォルダに、Bフォルダへのショートカットが存在し、
Bフォルダには、Aフォルダへのショートカットが存在している状態でした。

このとき、 rclone では Aフォルダ内に、Bフォルダの内容をコピー。Bフォルダ内のショートカットを巡りAフォルダの内容をコピー。最初に戻る・・・。このような状態でした。

以下の2つのオプションをつけることで本件は回避することができました。
--drive-skip-shortcuts
--links

なんとなくですが、ショートカットファイルが無視されて続行しているような感じでした。
stock_value at 14:07|この記事のURLComments(0)技術 
2022年09月13日
税務署からの未払い通知ということで、スパムメールがきました。

詳細は以下のサイトに記載がありました。
【メール】「税務署からの【未払い税金のお知らせ】」が急増中なので注意: 情報科学屋さんを目指す人のメモ


タイトル: 税務署からの【未払い税金のお知らせ】
本文:
e-Taxをご利用いただきありがとうございます。
あなたの所得稅(または延滞金(法律により計算した客 について、これまで自主的に納付されるよう催促してきま したが、まだ納付されておりません。
もし最終期限までに 納付がないときは、税法のきめるところにより、不動産、自動車などの登記登録財産や給料、売掛金などの值権などの差押処分に着手致します。


納稅確認番号:****0000
滯納金合計:40000円
納付期限: 2022/09/13
最終期限: 2022/09/13 (支払期日の延長不可)


送信元は ago2.sh.cn となっていました。中国のIPアドレスからでした。
stock_value at 13:05|この記事のURLComments(0)技術 
2022年09月09日
いろいろなところに手順書いてありますが、改めて。


netplwiz を実行して、以下の部分にチェックを入れる必要があるようです。
ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要

しかし項目がそもそも存在していませんでした。

レジストリで以下の項目を編集する必要がありました。

\HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\PasswordLess\Device

DevicePasswordLessBuildVersion を 2 から 0 に

レジストリの修正にしては珍しく、再起動や再ログインせずとも反映されました。
この設定を変更することでチェックボックスが出てくるようになったので、自動ログインの設定をすることができました。

このチェックは、ユーザーが複数存在していると、出てくるのかもしれません。(未検証)

stock_value at 11:42|この記事のURLComments(0)技術 
2022年08月31日
Office365 でメールの転送設定をしていました。
転送のアドレスなどを設定するのは簡単なのですが、そもそもデフォルトでは外部ドメインへのメール転送を拒否しているようです。

ということで、
Microsoft 365 Defender - ポリシーとルール - 脅威ポリシー - 迷惑メール対策(スパム対策ポリシー)
と進み、新しいポリシーを作成しました。

最後に保存する段階でエラーになりました。
Enable-OrganizationCustomization を有効にしないといけないということです。

結論としては、しばらく待てばいいようです
この設定をするときに、「セキュリティ設定を変更する必要があります。変更してもいいですか?」といった内容の注意があり、これをOKしても直後は上記エラーになります。

しかし設定の指示は飛んでいるようで、時間が経過すると設定が保存できるようになるようです。

stock_value at 16:42|この記事のURLComments(0)技術 
2022年08月20日
Value-domainでドメインを管理していました。これを諸事情で他のレジストラ(お名前.com)に移管させました。
最近移管でトラブルになっていたなかったので、あまり深く考えずにいきなり移管の手続きを行いました。

value-domain も onamae.com も私自身が管理しているためそこについての問題はありません。

onamae.com 側に移管されたあと、whois 情報が正しくないので正確に記載をするようにと案内がきていました。
確かに temporary という表記が見受けられ、 whois の代理公開をしている場合にはその情報は引き継がれないように思われました。

で、このときに各種情報を書き換えようとしたところ、変更後の新しいメールアドレスと、変更前の古いアドレスの両方に確認のメールが届き、それらで承認作業をする必要があるというのです。

そして古いアドレスというのは、代理公開のメールアドレスのため私の方では受信することができません。
さて困った・・。


調べたところ、すべての情報を書き換える時には、新しい変更後のメールアドレスのみで承認することができるようでした。(いくつかの条件があるようです)
最初設定を変更したときには新旧両方のアドレスで承認が必要ということで絶望的でしたが、よく調べることによって新しいアドレスのみで承認できることがわかったので助かりました。
stock_value at 17:00|この記事のURLComments(0)技術