2021年01月07日
MACを初期化しようとしました。するとパスワードを求められてしまいました。
かつて利用していたユーザーのパスワードが必要なようです。

PCは初期化しても大丈夫なので、いちいちパスワード解除する必要も無いので、どうやって初期化するのか調べてみました。

command + r キーを押すことで、ディスクユーティリティを起動させることができました。

ディスクユーティリティでは、Diskイメージとして、 macOS Base System というのがマウントされていました。これは現在のユーティリティなどが起動しているドライブなので特に作業する必要はありませんし、作業できません。

その上に、灰色で目立たないように Macintosh HD というのが出ていました。
これを選択し、消去をすることで無事にデータを削除することができ、新しいOSのインストールが可能になりました。


stock_value at 18:35|この記事のURLComments(0)技術 
2020年12月02日
Excel の初期設定をどこかでやっていました。それは不満がなかったのですが、右クリックから Excel ファイルを新規作成した場合、初期の状態のまま作成されてしまいます。利用されるテンプレートが異なるようですね。

※環境は Office365 です。

以下の方法でテンプレートを作成しました。

1. まずはテンプレートファイルの作成
デフォルトのフォントや、フォントサイズ、図形の設定を変更しました。
図形の設定を変更したときは、右クリックして「既定の図形」を選択しました。

2. 上記で作成したファイルを保存
一旦ドキュメントなどに、 Excel12.XLSX として保存します。このときの拡張子はExcelテンプレートを選択します。

3. 以下のフォルダにコピー
C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\vfs\Windows\SHELLNEW

ここにファイルをコピーします。権限について色々求められるので、許可します。

これで右クリックからExcelファイルを新規作成した場合には、テンプレートが適用されるようになりました。

参考
エクセル:エクスプローラーの右クリック→新規作成のフォントなど変更
stock_value at 13:55|この記事のURLComments(0)技術 
2020年12月01日
まったく関係のない2台のPCで同じような事象が発生しました。
まずPCが起動しなくなりました。

そのままの状態では何をしてもダメだったのですが、メモリの抜き差しすることによって再度起動するようになりました。
すでに1ヶ月近く様子を見ているのですが、再発する様子もありません。

状況としてはビープ音が鳴っていました。
HPデスクトップPC - コンピューターが起動せず、LEDが点灯したり、ビープ音が鳴る

確かにメモリに関するような音の感じがしました。
そこでケースを開けて、メモリの取り付けていたスロットを変更しました。

そのまま再起動したところ問題無く起動するようになりました。
stock_value at 10:50|この記事のURLComments(0)技術 
2020年10月25日
バックアップサーバーを運用しています。
最近になってバックアップの取得でエラーになったことがわかったので確認してみると、バックアップサーバーのディスク容量が枯渇していました。

重複排除の機能は様々な難しいところがありますが、便利なのも事実です。
特にバックアップとは相性がよくて、数十テラのデータでも半分ぐらいになったりします。
私の環境では、日々バックアップを取っているような環境で数ヶ月取得しても問題ありません。

一方で枯渇したときが大変です。
今回も過去の不要なバックアップデータをかなり消しました。
かなり消したのですが、容量はまったく回復しません。それもそうです。重複データの管理の関係で再度重複管理のメンテナンスコマンドを実行する必要があります。また大幅に削除した場合には、そのコマンドが実行され、実際に枯渇が解消されるまでにはかなりの時間が必要でした。
私の環境では3日ぐらいかかってしまいました。

空き領域を回復させるコマンド
Start-DedupJob -Volume <<ボリューム名:]>> -Type GarbageCollection -full

stock_value at 18:49|この記事のURLComments(0)技術 
2020年10月24日
ほとんど確認はしていないのですが、このサイトも一応 google Search Console の設定を行っています。
URLが変更になったので(とはいっても、 http → https だけですが)、再登録する必要があるみたいでした。

コンソールの画面から「プロパティを追加」を選択します。
そこにドメイン名を入力します。
※今までは http / https の区別があったようなのですが、今のバージョンではその区別は無くなっているようです。

DNSのテキストレコードでドメイン所有の確認が行われました。

プロパティ追加後はデータを見られるようになるまで1日必要だということなので、後日またデータが正しく取得されているか確認したいと思います。
stock_value at 09:18|この記事のURLComments(0)技術 
2020年10月23日
コマンドのマニュアルを作成していました。
パスを表現するために \ を利用していました。

例えばコマンドプロンプトで
cd c:\my_application
というような文字列を記載していました。

PDF からこの文字列をコピーすると、\ マークが抜けてしまうのです。

とりあえず以下の方法で大丈夫になりました。
PDFを作成する際にオプションを選択することができます。
そのときに、
・ドキュメントのプロパティ
・アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ
・フォントの埋め込みが不可能な場合はテキストをビットマップに変換する
デフォルトでは上記の項目がチェックされていましたが、チェックを外すことでコピーしても欠落しなくなりました。
stock_value at 09:02|この記事のURLComments(0)技術