2004年12月04日
このエントリーをはてなブックマークに追加
だいぶ前に盗難されたバイクの保険金を申請するために、
盗難について詳しく報告しました。
よく分からないのですが、保険やさんとお会いして、色々トーク。
かなり世間知らずな感じのおっさんだったのですが、まあもらう立場なので。

そして、制度上仕方ないのと思うのですが、
・あなたは本当にバイクの所有者ですか?
・あなたがバイクを利用していて盗難されたのですが?
・うそはないですね?
という前提で話は進みます。

僕が僕のバイクを使っていたのは、僕には確かです。ウソもつきません。
しかし、それを証明するのが大変なのです。遊びに行って盗られたので。

・なぜ自宅で盗まれたんじゃないのですか?(友人に貸していたんじゃないですか)
・本当に友人と会っていましたか?(狂言なのでは)
・友人とは何をしていたのですか?
・止めた場所には何がありましたか?(本当にそこで盗まれたんですよね)
・友人とお話してもいいですか?
・盗まれたことを誰かに話しましたか?
・車検証はありますか?
・バイクの整備履歴はありますか?
・そのバイクに入れた燃料の領収書はありますか?

疑われているのが、ものすごくよく分かります。
とは言え、不正に保険金を請求する人もいると思うので、それは仕方の無いことです。
でも、これで保険金下りなかったらやだなぁ。
降りないのはいいけど、それなら時間を返してくれ。って感じです。
と、午前中がそれで終わり。

午後からはちょいとバイトの関係。
とうとう恐れていた mac クライアントが。

えっと、プリンタがサポートしていないと思うんで印刷はできません。
ファイル共有は・・。うーん。

田町で軽く作業。突然行くことになったので、ちょいちょいと作業しておわり。


stock_value at 11:37│Comments(0)TrackBack(0)バイク 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔