2006年11月03日
このエントリーをはてなブックマークに追加
昔の友達と書くと、今は友達ではないように見えてしまいますが、単純に大学生の頃にバイトしていた人たちと相当久しぶりに会いました。

大変失礼なことではありますが、バイトを辞めてから3年ぐらい過ぎるので、名前をほとんど忘れてしまいました。

ある友人には会ってまず最初に「ごめん。すごく失礼なんだけど、名前なんだっけ?」と聞きました。話をしている間に思い出すことができた場合もありますし、思い出せない場合もありました。

久しぶりに会って、まずまずビックリしたのは変化の無さです。みんな全然変わっていません。それは見た目にもそうですし、生活も変わっていないようです。このことにビックリしました。それに比べて僕は大学も卒業しちゃいましたし、会社も辞めちゃいました。激動とまでは言いませんが、ごくごく普通ぐらいの人生でもこの程度の変化はあるのに、みんなは全然変わっていない。すごいことだと思います。
フリーターというか、アルバイトオンリーの人が多いのかな?プライベートはあんまり聞いてないのでわかりません。

もちろん、数人については子供ができてたり、僕と同じように転職していたり、太ったりと変化のある人もいました。
当時、22-30歳ぐらいだったので、今は25-33歳ぐらいでしょうか。そのぐらいの歳だと、数年間ではあんまり変わらないのかもしれません。学生だったらもっと変わるのかな?

同年代だったので、僕が最近直面している変化について同意を得られるのか聞いてみました。それは、胃もたれと酔って吐くときです。

学生の頃は胃もたれなどはほとんどしませんでした。よっぽど食べ過ぎたりとか、油が多かった時ぐらいです。
しかし最近は、ちょっとしたことでも胃もたれをしてしまいます。ステーキ肉程度でも、霜降りで油が多かったりすると結構怖いですし、天ぷらやトンカツあたりも体調による場合があります。これをもって歳を取ったというわけではないかもしれません。体に変化が出てきただけですし。ただ、やっぱり何となく歳を感じてしまうのもこう言ったことからです。

また酔って吐くときも変わってきました。当時は一度吐けば、おそらくもうその日はタクシーで帰宅しなければならないほど再起不能となっていました。しかし最近は、よっぽど飲まなければちょっと吐く程度で、まだまだ大丈夫です。もちろんそれ以上は飲めませんが、いわゆる介抱してもらうほどでもないのです。で、僕はこれを「ちょい吐き」と呼んでいます。

「ちょい吐きしない?」そのように聞いたのですが、「そんなのしない」と一蹴されてしまいました。おかしいなぁ。

というやりとりがあってから、帰る間際になって友人がトイレに行っています。しかも結構長時間。「どうしたの?大丈夫?」と聞くと「ちょい吐きしたよー」と言っていました。

やっぱり、ちょい吐きするじゃん!


stock_value at 16:54│Comments(0)TrackBack(0)飲み 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔