2006年11月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日もお酒を飲みました。結局今週は火〜土まで飲みが入りそうです。
さてアンテナを頑張って張っていたのですが、あまり補足できることがありませんでした。とはいっても、いくつか仕入れたのでそのあたりについての記事を。

僕の友達は、恋人を作るときに、結果的なのか意図的なのかわかりませんが、必ず他の男性と獲得レースをしている人がいます。当然、1人の女性を2人が好きになってしまえば、どちらかを選ぶ必要があるでしょうから、そういうのは仕方のないことです。もちろん、その女性は2人の中から選ばずに、全く知らない第三者ということもあるでしょう。

僕はこの行為をとてもすごい事だと思いました。本当にロコツな所は見ていませんが、一部を見たときでさえも、本当にすごくアピールしていましたし、他の男性 −いわゆる邪魔者− をしっかりと押しのけていました。
もちろん、好きな人と恋人関係になるわけですから、そういうのは本当に大切な事だと思います。でも、僕自身はそんなことできないような気がします。もしそうなった場合は、早々に離脱するかもしれません。

なにも競うのがキライだとかそういうわけでもないですし、負けるのが・・・というわけでもありませんが、そこまでたぶん力は入らないと思うのです。そのあたり、積極的な友人はとてもうらやましいです。

さて、そういう競争で戦い抜くにはそれぞれ手法があると思います。黙っていてもモテるような人は関係ないのですが、おそらくほとんどの場合は、ロコツだったり友人とぶつかることが無い範囲で、頑張っていると思います。

その手法は、たいていの場合個人としての魅力を高めることも多くあるので、それについては、とても良いことだと思います。人にモテたいために、会話が面白くなったりおしゃれになれば、それは推奨されることです。

そんな中でも、明らかに好かれるためにしている行為が、嫌われることを目的としているような場合があります。このパターンが僕は非常に不思議でなりません。独りよがりの会話や、必要以上のスキンシップ。狭い範囲の話題などがそれです。

話をすることは本当に重要ですが、話をすることが目的となってしまい、独りよがりの会話になれば、それは結局つまらないということになり、むしろ悪印象を持たれるのではないでしょうか。あとは知識をアピールするのもダメだと思います。「なんでても知っててすごーい」というパターンで好かれている人を見たことがありません。

おそらくこういう失敗をしている人の場合、普段とは違う自分をアピールするからそういう失敗をするのだと思います。会社でのキャラや行動と、そういう異性のいる場所での行動を変えると、結局トレーニングも積めてないですし、あまり良い結果がでません。

その場合に、その失敗している人がどうすればいいのかわかりませんが、唯一言えるのは、キャラを変えている場合は、それが失敗すると痛々しい上に、すべてが裏目に出るということです。それと、もしそれで恋人関係になった場合、二人で居るときに相手にギャップを与える事になると思うのですが、いいのでしょうか。

僕の場合、キャラは普段も仕事もほとんど変わりません。仕事もプライベートもお金とかビジネスが絡むと目の色が変わりますが、それ以外では単なる間の抜けた26歳です。どちらかと言えば何も考えてない感じです。それでも裏目に出るときあるのかな?指摘欲しいところではあります。


stock_value at 13:25│Comments(0)TrackBack(0)考え:04〜07年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔