2012年05月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
本を読むとき、ストーリーを追いかけることがすごく苦手です。
今までノンフィクション系の本ばかりで、実務書をよく読んでいました。だからストーリーを追いかけることよりも、知識とすることや理解することがとても重要でした。だから必要に応じてその場所を何度も読み返したりすることが多く、そのような方法で読み進めていました。

また実務書だったら、メモとかノートというよりも勉強という性質の方が強かったかもしれませんし。


最近は昔に比べて小説などを読む機会も増やすようにしています。進められたらなるべく買って読むようにしています。

しかしやっぱりストーリーがわからないのです。小説を一気に読まないことや、さらっと読んでしまうことが多く、ちょっとした違いに気づかないことが多いのです。例えば兄弟などが出てきた場合、名前だけだと友人という立場での登場人物なのか恋人なのか。そういうのが全然わからないのです。

だからせめて人名だけでもメモしておけば、少しは読み進めることが容易になるのでは無いかと考えています。
感想とかも書ければ、その本を読んだときにどのようなことを思ったのかも知ることができますしね。


stock_value at 12:33│Comments(0)TrackBack(0)日々:2012年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔