2012年11月03日
このエントリーをはてなブックマークに追加
24時間で終わらなくなりつつあるという記事を書きました。
なので、もっと効率的な方法を考えなければなりません。

僕が考えている実現したいこと
・誤消去を復活できる
・誤上書きを復活できる
・任意の時点のファイルに復元できる(希望1年だけど、現実的には3ヶ月〜半年?)


これらはすべて僕自身の体験によるものです。
例えば誤消去は比較的よくあることです。しかし問題なのは、これが当日やそのときすぐに気づくわけではないということ。場合によっては、「あれ?無いぞ?」という形で気づくこともあるのです。

さらに、上書きの問題もあります。ドキュメントの作成が多い僕の仕事では、一つのひな形を見本として使い回すことがよくあります。このとき、オリジナルを間違って上書き保存してしまう事があるのです。そしてこれもまた、後日になって気づくのです。

そのため、バックアップというのは、誤消去・誤上書きともに、任意の時点に復旧できることとセットで考えなければなりません。
バックアップが1セットしかないと、ディスクの破損などには強いのです。すぐに復旧できます。しかし実際の運用上でより起こりやすい、それ以外のトラブルにはまったく対応できません。

間違って消した場合、翌日や1週間程度で、バックアップセットの方にも反映されるため、反映されたら、両々とも消去されてしまいます。

バックアップソフトを使うのもいいと思うのですが、なるべく安価にやりたいですし、なによりファイルのバックアップだけですし。
ということで、次回 xcopy でなんとかしたいと思います。


stock_value at 09:02│Comments(0)TrackBack(0)技術:2012年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔