2014年10月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加
僕は linux を教わった先輩から、よく言われていたのです。サーバーは環境を変えずに運用すべきだ。と。
変える場合には、その検証をしっかりする必要があるということでした。

僕自身は Windows の利用が長いので、Update と環境の変更はイコールではないと思っていました。
もちろん、WindowsUpdateを行うと、各種方面に影響が出ることはありました。しかしそれは、理解できる範囲であり、理不尽な影響はないように思っていました。

今回 Linux の yum upadate を行いました。
Windows のそれと同じように考えていたのです。

しかし実際には。。。大変なことになりました。

httpd.conf は消えました。(正確には .rpmsave とリネームされていました。)
ssh.conf も同様です。
dovecot.conf も同じようになっていました。

上記のファイルから、 Webサーバーが止まり、SSL 暗号化されていたサイトが止まり。そしてメールの受信ができなくなったのです。

単なるアップデートでここまで影響がでるとは思ってもいなかったので大変なことになったと知りました。
Linux のアップデートは特に .rpmsave に気をつけなければと思いました。


stock_value at 10:16│Comments(0)TrackBack(0)技術:2014年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔