2018年11月05日
このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイルサーバーがどうにも遅いのです。なんとかしたいのですが、根本的にどうにもならないのではないかという諦めもあります。
簡単なのは、ディスクアクセスを早くすることですよね。

8.3形式のファイル名を生成しないようにするというコマンドがあるようです。
8.3形式などいまどき使わないと思っていたのですが、古いアプリなどでは利用されているようです。なのでCドライブで完全に無効にするのはトラブルの元になるかもしれません。

ファイルサーバーはDドライブで運用しており、アプリのインストールもしていないので、大丈夫そうでした。
fsutil behavior set disable8dot3 2
※ グローバル設定で、8.3形式の設定は、ドライブごとに個別に設定できるようにする

一応 C ドライブは8.3を有効状態にします。(デフォルト通りなので変更する必要ありません)
fsutil behavior set disable8dot3 c: 0

Dドライブは8.3を無効にします。
fsutil behavior set disable8dot3 d: 1

Dドライブについては、8.3を無効にしたので、すでに作成されているものは削除します。
まずはテスト
fsutil 8dot3name strip /t /s d:

上記コマンドで問題なければ削除します。
fsutil 8dot3name strip /v /s d:

とりあえずこれで様子を見たいと思います。


stock_value at 14:33│Comments(0)技術 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔