2004年08月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加
さて、ここ最近のblogでは中型免許に通っていると書いています。
で、バイクが欲しいと。

そこで、色々メーカーを見たのですが、
やっぱりホンダのバイクを買おうかなと思いました。

スズキとか、カワサキ、ヤマハといいバイクはあるのですが、
マジェスティを購入しないのであれば、ホンダのバイクを選択しようと思っています。

そうなると、当然株を絡める必要があります。
僕は友達に今の世代(20代)であれば、普段の生活の感性は非常に
重要であると言っています。
つまり、最近マック(マクドナルド)が美味しくなったとか、
良く行くようになったのであれば、マック株は上がるでしょう。

顕著なのは携帯です。僕の周りにも非常にAUを使っている人が
多くなっています。こういうのは、AU会社(KDDI)の株が上がることになるでしょう。
もちろん株価が上がるのは、そうした理由だけではないでしょうが、20代の感性ということで、
とても重要なファクターだと考えています。

そして、僕は今回ホンダのバイクを選ぶと。
それならホンダ株を買いましょう。ということで、購入しました。

バイクを買うのは2ヵ月後ぐらいでしょうが、約53万ぐらい。
バイクの価格もそれぐらいなので、値上がりしていればうれしいですが。

好きな会社、自分の使っている製品の会社に投資をするのは、
「いまさら」という感じもしますが、とっても重要な投資手法です。

問題は2ヶ月という短期投資を僕はあまりしないってことですね。



stock_value at 09:33│Comments(2)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kikuyooo   2004年08月29日 19:19
syoさんの、「自分の感性を大切にする」という考えには大いに共感できます。

個人投資家が機関投資家よりも、
そしてインデックスよりも良い成果を上げるためには、
自分の感性を尊重し、相対的に有利な「将来性の推測力」をもつ土俵で
勝負をするべきだと考えます。
それは衣食住、娯楽、等等、
各自が得意とする分野であれば、何でもよいと思います。
プロは同時に数十、数百銘柄を取扱わなければいけないと思いますので、
「一つの銘柄分析に費やす時間」という点では、
個人投資家はプロを上回ることができます。

また、自分の仕事があったり、授業があったりで、
アマチュアであるがゆえに個人投資家は
タイムリーに市場動向に注視することができません。
そのことをふまえると、中長期的なトレードがよいと思いますし、
自ずとそのようになると思います。

,犬辰りとフォーカスを絞る、中長期で勝負、
これが個人投資家に必要な姿勢だと思います。

syoさんはいかがお考えでしょうか?
2. Posted by syo   2004年08月29日 21:03
とても戦略的なコメントですね。
これから書く文章が抽象的だなぁ。と思われたらすいません。
結構本質なので意図的(戦略的)にぼかします。

さて、衣食住、娯楽など僕たちに身近な存在というのは、
株にはとても密接に絡みます。
 これは、比較優位などという経済的な用語をで説明できるのですが、
機関投資家が「これはいける!」と思うような商品を発掘するのは非常にコストがかかります。
そんな不確実なモノを探すならば、財務諸表やチャート分析をする方がよっぽど効率的です。
 一方で僕たちのような個人投資家は、チャートや財務諸表を分析するのには、結構なコストがかかります。
それならば、普段の生活の中から、有望な製品や企業を発掘するべきなのです。

すべてコストの問題。

kikuyoooさんの「1」「2」などはまさにそれですね。
1.2ともに、とても賛成です。というより僕の戦略です。
あ、でも重厚長大・食品・アパレルへの投資はかなーり慎重になりますが。
 ただし、どんなに惚れ込んでても「撤退だけは早く」ですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔