2004年09月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加
とても内容が好きで、ちょくちょくチェックしているサイトで、こんな内容が取り上げられていました。
komatsuna News:簡単に理解する「地獄へ堕ちろ」
内容としては、松井証券の社長が「場を混乱させるわけのわからない株式分割をしている会社がある。こういのは地獄に落ちろと言いたい」
と発言したということです。

この辺も参考にしてください
http://blog.livedoor.jp/toi/archives/6484456.html
http://blog.livedoor.jp/toi/archives/6511363.html

僕もちょうど100分割をするという時期のときに、まとまった金額をどこに投資しようか考えていました。
(まあそんなにお金ないのでせいぜい100万円ぐらいですが。)

もちろん、livedoorという会社はとても面白いのですが、やはり株を100分割するのは尋常ではありません。
しかも、分割をしたときの株価は50万円ぐらいです。もし、個人投資家を増やしたいということで、
株価を下げたいのであれば、10分割で5万円程度にするのが妥当ではないでしょうか。

そもそも、1万円札を持つのと、5,000円札2枚を持つのは変わりません。
しかし、5000円札が2枚になることに喜びを感じるような、無意味なことには投資家も
気づかなくてはいけないのです。

そのとき、僕はlivedoorに投資しない理由を友人にこういいました。
「100分割は尋常ではなく、完全なマネーゲームをしてるし、投資家を明らかに食い物にするような
手法を採る会社には投資をしたくない」と。

逆に、業績に応じて分割をするのはとてもいいことだと思います。
さすがに単元株を買うのに200万円も300万もするとちょっと高いですからね。

ちなみに、僕はlivedoorのビジネスモデルは好感しています。
株高→買収→業績up→株高→買収→業績up・・・・好循環が生まれていますし。

しかし、投資家としてlivedoorをみたときは疑問です。
買収にはつねに株式の希薄化の恐れがあり、はたして本当に株主の利益になるのかということです。
買収では、買う側・売る側片方が得してはいけません。むずかしいところですが。

そして僕は、「地獄へ堕ちろと言いたい」という発言の趣旨には賛成できるのです。


stock_value at 14:18│Comments(3)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kikuyooo   2004年09月12日 18:43
syoさん、こんばんは。
何やら体調を崩されているようで、大変ですね。。
私もすぐに風邪を引くため、体調には気を付けているつもりですが、やはりすぐ引いてしまうのです。
お大事にされてください。

さて、ライブドアの件ですが、どうして分割が株価上昇になるのでしょうか?
 株価の下落による投資家の裾野の広がり
∧割=好業績というイメージからの買い
といった理由から買われ、株価が上がっているのでしょうか?

syoさんの述べているとおり、時価総額に変動は無いのですから、分割が上記,離瓮螢奪箸呂△蠅泙垢、△砲弔い討楼嫐の無いことだと思います。

ライブドアのような手口を許しているのが、上記△魎泙鵑静蟷餡箸隆鼎じ解によるものだとしたら、それならば投資家にも責任があるのではないかと思いますが。

私はこの件についてはほとんど知らないので、筋違いなことを述べているかもしれませんが、悪しからず。
2. Posted by syo   2004年09月13日 01:04
ども。お心遣いありがとうございます。

分割の株価上昇ですね。これはなかなか他サイトでも解説されていないので、近日中に記事にさせてもらいます。密接に関係する買収についても。

「1」「2」ともに、間違いではないのですが、
「投資家に責任がある」とも言えない状況が発生してるんですよね。

ということで、近日中の記事をお待ち下さい。。。。
3. Posted by kikuyooo   2004年09月13日 09:36
syoさん、おはようございます。

分割の株価上昇について、blog楽しみにしております!!
恐らく私が勉強した学問上のファイナンスとは異なる切り口の内容になると思いますので、大変興味深いです。

余談ですが、最近の私のblogは「経済的独立を達成する」という壮大なものから、徐々にかけ離れてきている感があります。(笑)
まぁ、syoさんがblogで書かれていたように、
・何も書かないよりは書いた方がいいかなというのと、
・実は私自身案外くだらないことが好きな人間だったりします。(笑)

「思考の停止」が「成長の停止」に直結することになることは重々承知なので、また時間のある時に考察を深めていきたいとは思っておりますが。
まぁ、、色々とお付き合いください!(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔